ワイドナショー初出演のメッセンジャー黒田有の過去とは?逮捕歴も?

2020年8月2日放送のワイドナショーにメッセンジャー黒田有さんが出演してましたね。

全国放送で黒田さんを見るのはかなり久しぶりですよね。

ということで黒田さんについて、突然現れたけどやけに口の上手い関西人だなぁという印象の方も多いのではないでしょうか?

そこで黒田さんの過去について逮捕歴やその真相、また気になる耳の形の原因などをご紹介します。

メッセンジャー黒田有って誰?

黒田有プロフィール

生年月日:1970年1月29日

出身地:大阪府東大阪市

所属:吉本興業

1991年からコンビ名「メッセンジャー」のボケとして活動していました。

現在出演番組としては「ちゃちゃ入れマンデー」、「もんくもん」、「データで解析!サンデージャーナル」などですね。

ゴリゴリの関西弁でトークの上手い黒田さんにはファンも多いようです。

黒田有の耳の形の逸話とは?

これについて黒田さんは「ねずみにかじられた」というエピソードが有名ですが、

いやそんなドラえもんじゃあるまいし笑、って思いますよね。

しかし過去の本人インタビューで詳しめに話していることを見てみると、黒田さんは幼い頃からかなりの極貧生活を送っていたそうで、1歳くらいの時に家をうろついているネズミにかじられた、ということなのだそうです。

本当にそんなことがあるのかとまだ疑いの気持ちは残りながらも、エピソードとしてはすごいインパクトですよね。

黒田有の過去の逮捕歴とは?

黒田さんは2009年に大阪ミナミの飲食店で店員に暴行をしたとして逮捕歴があります。

暴行も結構激しめで相手の顔の骨折までいったようです。

しかし、その飲食店というのがぼったくりバーで4人で25万円請求されたことに対して暴行におよんだということだそうで。

さらには骨折というのもその暴行によるものではなく過去のもので、それが原因で最終的には示談になったそうです。

まぁなんだかんだ破天荒で有名な黒田さんなので、関係者は「ついにやったか」という感じだったそうですね。

まとめ

破天荒の昭和の関西芸人というイメージの黒田有さん。

今回のワイドナショーを機に他の全国放送に出たり、司会者として活躍したりしてくれたら嬉しいですね。

トレンド

Posted by gawa21