藤井聡太七段が最年少タイトル挑戦権獲得!次の対戦相手は渡辺明棋聖

2020年7月6日

6月4日、藤井聡太七段が最年少タイトル挑戦記録を更新しました。

最年少記録更新や次の対戦者についてまとめました。

藤井聡太七段が最年少タイトル挑戦記録を更新!

藤井聡太七段は第91期棋聖戦挑戦者決定戦にて永瀬拓矢2冠に勝利し渡辺明棋聖への挑戦権を獲得しました。

記録更新というのは屋敷伸之現九段が1989年に17歳10か月24日で挑戦権を獲得した記録が今まで最年少記録だったのですが、今回藤井聡太七段は17歳10か月20日という4日早く挑戦権を獲得したということで、新たな最年少記録を31年ぶりに更新したことになります。

https://twitter.com/mozukucurry/status/1268498879432908800?s=20

藤井聡太七段が渡辺明棋聖に挑戦

そして獲得した挑戦権というのは渡辺明棋聖に対してのもので、6月8日から5番勝負が始まります。

これに勝ったら、屋敷九段が1990年の棋聖戦で達成した最年少記録18歳6か月も更新することになってとんでもない偉業になります。

https://twitter.com/jujo_84/status/1268498811246096384?s=20

まとめ

藤井聡太七段すごすぎますね。

物語もびっくりの大躍進劇に大注目ですね!

トレンド

Posted by gawa21