決算!忠臣蔵の無料フル動画はDailymotionやYouTubeで100%視聴不可?

2020年7月7日

決算!忠臣蔵の無料フル動画はDailymotionやYouTubeで100%視聴不可?

映画『決算!忠臣蔵』が気になり見てみたいけど、借りにいかなきゃだよなぁ…

今から『決算!忠臣蔵』のフル動画を無料で視聴したい…!

そこで、「Dailymotion」や「YouTube」など、ネット上の動画配信サイトを調べてみたところ、

 

どこにも配信されていない…!!
一体どこに配信されているのだろうか…

おそらく現在このようにお悩みなのではないでしょうか。

 

そこで今回はそんなあなたに、

決算!忠臣蔵のフル動画を今すぐ無料で視聴する方法

についてお伝えさせていただきますね…!

『決算!忠臣蔵』の見どころ・感想(SNSみんなの声)

============
「決算!忠臣蔵」(2019) 主演:堤真一。火消しの浅野と呼ばれていた…刃傷・切腹・御家断絶か…大石は妾が4人の好き者…城を明け渡し残った金が790両(9500万円)…討ち入りには金が掛かる…江戸への旅費や何やかやで出費が…討ち入り道具にも大金が…討ち入り装束は火消し装束を…ドタバタでんがな…
============
決算!忠臣蔵
やり尽くされた題材ながら費用的な面からみてみるってのは面白い。
============
今日は決算!忠臣蔵を観ました。久しぶりの松竹映画。
忠臣蔵の出来事はなんとなくしか知らないレベルでしたけど、話もわかりやすく整理されてるし、営業vs経理と思って観ると、より楽しめました。
普通に忠臣蔵の大河ドラマとか観たくなったなー
============


============
決算!忠臣蔵」監督:中村義洋。共演:岡村隆史、濱田岳、横山裕、荒川良々、妻夫木聡、西村まさ彦、寺脇康文、竹内結子、阿部サダヲ、石原さとみ 他。全てに於いて現代の金額表示が解りやすい
============
決算!忠臣蔵
近頃映画界でスポットを当てられ始めた"江戸時代のお金事情"。それを誰もが知る『忠臣蔵』に落とし込んだのが面白い。これまで"忠義の士"として見ていた赤穂浪士も"サラリーマン"なんだなと思えて親近感がわいた。お金事情と"武士の一分"との狭間の葛藤もよく描かれていて笑えて泣けた。
============
https://twitter.com/yuka_ippaiwarae/status/1172335932042698753?s=20
============
決算!忠臣蔵 なかなかおもしろいです。討ち入りするにも
大金がかかるそんでもってお金は大切にしないと駄目!
いやー大変だなーって思いながら見てました。こうゆうコメディーな忠臣蔵もいいものです。
============
決算!忠臣蔵、見たー♡

面白かった^^*

石原さとみ、いい味だしてるー♡
竹内結子、可愛いー♡
濱田岳、可愛いー♡
岡村隆史、マジかー;;(∩´~`∩);;

って感じでした♡
============
あの有名な、赤穂浪士による吉良邸への討ち入りまでのやり取りを、お金の面から描いた作品。いやー、何をするにもお金ってかかるなぁw。
作品自体楽しく観れたし、出演者達も豪華だった。吉本の芸人さんが多数出演してると思ったら、吉本が関わってるんだね。
============


============

『決算!忠臣蔵』のフル動画は「Dailymotion」や「YouTube」で本当に視聴できないの?

映画『決算!忠臣蔵』…。

 

ものすごく面白い作品ですよね!

私も見た時にめちゃくちゃ興奮した作品です…!!

 

ですので、ぜひフル動画で視聴していただきたいものですね(>_<)

 

ということで、まずは、

映画『決算!忠臣蔵』のフル動画が本当に「Dailymotion」や「YouTube」で視聴できないのか

について詳しく調査結果についてお伝えさせていただければと思います!

『決算!忠臣蔵』は「Dailymotion」にもなかった…?

ということで、『決算!忠臣蔵』の「Dailymotion」での配信状況ですが、、、、、

こちらはなんと…!

 

動画すら一つも配信されていない状況

 

だったのです。。。。。^^;

かなり悲惨な状況ですよね。

 

なぜなら実は、先ほどもお伝えさせていただきましたが、最近は違法サイトへの取り締まりがかなり厳しくなってきていまして、、。

やはり世の中は時代と共に常に進化をしているようで、違法アップロードコンテンツやサイトというのは、

時代の進化に合わせて徐々に無くなってしまう存在

みたいなのです。

 

しかし、映画を無料で視聴できるサイトは他にもあったため、続いて超大手動画配信サイトのである「YouTube」についてすぐに調査してみることにしました…!

『決算!忠臣蔵』のフル動画:「YouTube」での配信状況

YouTube」といいますと、今や日本で一番利用者が多い動画配信サービスです。

そしてそんな「YouTube」では、以外と映画の動画が多くアップロードされているので、なんとなく『決算!忠臣蔵』も配信されていそうですよね…!

 

そこで早速、「YouTube」で『決算!忠臣蔵』のフル動画が全て配信されているかどうか、くまなく調査してみたのですが、ほとんどの映画ファンが望んでいる、

フル動画
高画質
音ズレなし
ニコニコ動画みたいな無駄な文字がない

といった条件が全て揃ったサイトは一切なかったようなのです。。。

非常に残念ですよね…(>_<)

 

しかしとはいうものの、実は、

笑ってしまうくらい簡単に映画『決算!忠臣蔵』のフル動画を今すぐ無料視聴できる方法

がありますので、そちらをご紹介させていただきますね…!

『決算!忠臣蔵』のフル動画を「Dailymotion」や「YouTube」を使わずに視聴できるサイトとは?

『決算!忠臣蔵』を

フル動画
合法
完全無料、追加料金は一切かからない
今すぐ
高画質、音ズレなし

という欲しい全ての好条件を揃えた状態で誰でも簡単に視聴できてしまう

 

その正体こそが、、、、

 

U-NEXT

 

という国内最大級の動画配信サービスになります。

 

最近では、爆笑問題の太田さん人気女優の今田美桜さんがテレビCMを勤められたりで、急激に認知度が上がってきているようですね^^

そこで、私はそんな『U-NEXT』を使って、結果的に『決算!忠臣蔵』を無料で視聴することができたのですが、実は使う前にこのようなイメージを抱いていました…。

結局、有料課金とかが発生するのではないか…

いくら何でも無料で観れるわけがないでしょ…

登録や解約の方法が面倒くさそう…

といったことですね。

 

もしかしたら、この記事をご覧いただいている方も、私と同じような疑問を抱いてしまったのではないでしょうか…^^;

 

そこで実は、全くそのようなことはなく、結果的に料金は一切発生せずに利用することができましたので、

その“『U-NEXT』の超太っ腹な点

について簡単にご説明させていただければと思います!

サイトの特徴や完全無料で『決算!忠臣蔵』が視聴できる理由

では、まず簡単に『U-NEXT』の特徴について簡単にまとめてみますと、

アニメや映画、ドラマの配信本数「14万作品」
電子書籍の配信本数「33万冊」
月額費用1990円(実際かからないです)
31日間無料キャンペーン実施中(解約OK)

このような特徴になっています。

 

上記の通り、『U-NEXT』は動画と電子書籍の配信数が尋常ではないくらい多く、基本的には「気になる!」「見たい!」という作品はほぼ全て配信されているような、モンスターコンテンツになっているんですね。

 

そして今回、『決算!忠臣蔵』を無料で視聴するのに一番重要になってくるポイントなのが、こちらの

 

“31日間無料キャンペーン”

というものになります。

 

こちらは、名前の通り、『U-NEXT』のサービスを31日間だけ限定で無料利用することができる、というかなり激ヤバなサービスなんですね。

 

しかも登録は、名前や年齢等の30秒ほどで終わる簡単な入力だけでよく、さらには31日間の期間内に解約してしまえば、追加料金や月額料金を支払らう必要なく、最終的な料金は、“0円”で済んでしまうのです。

 

ですので、『決算!忠臣蔵』を視聴し、そのあとに他のアニメや映画、ドラマを何十本、何百本と楽しもうが、

31日目に解約してしまえば、全てがなかったことといますか、別に料金を支払う必要がなくなるということになるのです。

 

もう…意味が分からないくらいサービスが激アツですよね…(笑)

本来なら月額費用でかかってくるはずだった1990円分をただで貰うような感じですね。

そこで「解約忘れが心配!」という方でも、「U-NEXT 解約」と検索したら、

いろいろな記事がたくさん出てきますし、解約操作も30秒くらいで非常に簡単なので安心です。

こういった有料サービスを使用するのは正直怖い部分もありましたが、「U-NEXT」に関しては、有名女優さんをCMに起用していたり、非常に信頼できるサイトですので、

『決算!忠臣蔵』を無料で視聴するには現在のネット上では一番おすすめですね。

 

それではもし、今すぐ1分後には『決算!忠臣蔵』の視聴を開始されたいというようでしたら、ぜひ無料期間だけでも利用されてみるのもいいかもしれませんね^^

まずは31日間無料で映画を見放題してみる

 

 

映画

Posted by ueda